ED治療薬の4種類の成分について

ED治療薬の成分には
①シルデナフィル (バイアグラなど)
②タダラフィル (シアリスなど)
③バルデナフィル (レビトラ)
④アバナフィル
などがあります。このページではそれぞれの成分について説明します。

①シルデナフィルとは

「シルデナフィル」とはペニスの勃起を促進する作用がある成分です。一般的に「バイアグラ」と言う名称で呼ばれています。「バイアグラ」はファイザーという企業が名づけた商品名です。もともとは狭心症用の薬の開発中に偶然生まれた薬であると言われています。

バイアグラ100mg
バイアグラ100mg個人輸入代行

①シルデナフィルの効果メカニズム

シルデナフィルが勃起を誘発するメカニズムを説明します。

まず、体内には

  • 勃起を誘発する環状グアノシン一リン酸
  • 勃起を阻害する5型ホスホジエステラーゼ

の二つが存在しています。
通常時に勃起をしないのは勃起を妨げるのおかげです。この物質がなければ常に勃起状態になってしまいます。

シルデナフィルは勃起を阻害する物質の分泌を抑え、勃起をしやすくします。

②タダラフィルとは

「タダラフィル」はED治療薬の成分のひとつです。シアリスという薬の主成分として登場しました。特徴は最大36時間の長時間作用食事の影響をほとんど受けないことです使い勝手はシルデナフィルよりもかなり良くなっています。効果のメカニズムはシルデナフィルと同様です。
シアリス5mg

シアリス5mg

③バルデナフィルとは

「バルデナフィル」はED治療薬の成分のひとつです。レビトラという薬の主成分として登場しました。特徴は、服用から最短15分で効果が発現する、食事の影響を受けにくいことです。即効性があるので常備しておくと便利です。
レビトラ20mg

レビトラ20mg

④アバナフィルとは

「アバナフィル」は第4のED治療薬と呼ばれる成分です。ステンドラ(リンク先はアバナ)という薬の主成分として登場しました。特徴は食事の影響を受けにくく、即効性があり、副作用が起こりにくいことです。即効性が上記の3つよりも優れていることが特徴のようです。
アバナ50mg
アバナ50mg