セルノスジェル(テストステロン軟膏)の効果に関する論文の紹介

この記事ではテストステロン軟膏(ジェル)の効果についての論文を紹介します。

セルノスジェル(テストステロン)

セルノスジェル(テストステロン)
リンク・画像クリックでベストケンコー通販ページに飛びます

Google Scholarで見つけた論文

テストステロンの外部からの摂取の効果に対する研究をグーグルスカラーで見つけたので紹介します。論文タイトルは「健康男性における遊離型テストステロンの日内変動と男性ホルモン難航塗布後のプロファイル」(クリックで論文へ飛びます)

研究内容はグローミンというテストステロンを補充できる軟膏を使ったもので
朝、晩2回にテストステロン3mgずつを塗った場合、テストステロンの量はどうなるかというものでした。
実験期間は短く1週間ほどですが、参考になったため紹介します。

結果は
塗布1日目
① 軟膏を塗布後、1時間でテストステロンのレベルが上昇
② 4時間後には通常のレベルに戻る

1週間続けて使用した場合
効果は変わらず発揮され、1時間でテストステロン上昇、4時間後には通常のレベルに戻る。
しかし、③時間後には塗布を開始する前よりもテストステロンの値が減少したとのことでした。

論文の結論には「減少はしたが、正常範囲であるため1週間という期間での塗布で問題ない」と結論付けています。

論文内容まとめ

①テストステロンの摂取は摂取後1~4時間の効果がある。(テストステロン3mg塗布の場合)
②正常範囲ではありますが、1週間でも通常時のテストステロン量が下がり始める。
以上の2点が分かります。
(※実験はテストステロン3mgの軟膏を使った場合です。それ以上の量の場合と結果が異なる可能性は十分あります。参考程度のお考えください。)

研究では1週間以上のデータは無いため、推測となりますが
1か月~それ以上の連続使用は通常時のテストステロンを低下させることが予想できます。つまり、体内でテストステロンを作る必要がない期間が長くなるほど、通常時のテストステロンは下がってしまうと考えられます。

研究では1日2回の摂取であったため、常にテストステロンが補充されている状態でした。常にテストステロンを作る必要が無い状態であったため通常時のテストステロンが低下したとも考えられます。

副作用を減らす対策

研究結果からテストステロンの摂取後1~4時間の効果があることが分かりました。またテストステロンを常に補充している状態では通常時のテストステロンが低下することが予想されます。

副作用(通常時のテストステロン)を抑えるには、補充の頻度を下げるのが効果的だと思われます。

補充をしない期間を1日の内に設けることが重要だと思われます。
・仕事の始まる午前中にテストステロンを摂取し、夜間には摂取しない。
・セックス前に摂取し、それ以外は摂取しない。
といった風に使用すれば、副作用はある程度抑えられると思われます。

摂取後4時間でテストステロンのレベルは戻るので、短期的に狙った場面で使うのが効果的だと思われます。

まとめ

まずセルノスジェルなどのテストステロン補充ジェル(軟膏)には効果があります。
効果時間は、塗布後1時間~4時間の比較的短時間のようです(3mgの場合)
長期間の摂取は緩やかに通常時のテストステロンを下げる効果があるようです。

効果がほしいときを狙って塗布すれば
副作用を抑えながら効果を感じられると思われます。

セルノスジェルの詳しい口コミ分析はコチラ

セルノスジェルの価格調査&比較はコチラ

リンクorバナークリックで通販ページに飛びます

セルノスジェル(テストステロン)
セルノスジェル(テストステロン)

さらに高濃度のクリーム剤を探している方へ
アンドロフォルテクリーム(テストステロン5%)紹介記事